人手不足な病院看護師ですけど、辞めてもいいですか?

看護師の数は年々増えているはずなのに、なぜか私が働く病棟は慢性的な人手不足。
病棟内で耳をすませば聞こえてくるこんな声。

  • 勤務表作成時にシフトが組めない!と締め切り直前にあらぶりだす師長。
  • 急な欠勤で代わりに出せる人がいない!もうマイナスで今日を乗り切ろう。
  • 人が定着しないから、希望休もなんだか入れずらいなぁ(ま、入れるんだけど)
  • もちろん、定時で仕事は終わらない。私も周りのスタッフも気がたってくる。

こんな職場、やめたいな…なんて思いながらも、次の職場に行っても今の二の舞になるんじゃないか?むしろ、転職ガチャに失敗して今よりも悲惨な目にあったらどうしよう?

この記事を読むことで、本当に辞めるべきなのか?を一緒に考えることができます。
それでは見ていきましょう!

人手不足な病院看護師が辞めたくなる理由とは?

そもそも、看護師を辞めたいと思う理由を考えてみましょう。

  • 人手不足による業務量過多(看護業務、係や委員会などの雑務)
  • 人間関係が悪く人が定着しない
  • そもそも今の職場環境が嫌だ

私の周りからもこんな愚痴が溢れています。
もうすこし、深堀をしていきます。

人手不足による業務量過多

私の部署もですが、とにかく看護業務も委員会や係の仕事などの雑務が多いです。
前の部署ではこんな仕事なかったですけど?みたいな余分な仕事があったりします。
後輩に仕事を振るのも気が引けるし…
でも、Aさんから仕事振られて、結局自分がいっぱいいっぱいに…
人手不足からくる業務量過多は個人の力で解決は難しいです。
職場全体が改善に向けて取り組む必要があります。かなりの時間と労力を要しますが協力しあえる雰囲気であれば、最終的には問題の解決につながるかもしれません。そういう雰囲気を持ち合わせている部署であれば、少し様子を見てもいいのかもしれません。

人間関係が悪く人が定着しない

これもよくある困った問題です。師長や周囲のスタッフもわかっているはずなのに、人間関係を悪くするスタッフに対する対応がなされないんですよね。黙認しているケース。このようなケースは人員補充→退職という形を繰り返し、その場しのぎで根本的な対策がなされていません。

そもそも今の職場環境が嫌だ

例えば、集中治療を学びたいのにターミナル期の患者さんが主体の病棟に配属されている。このようなやりがい、興味にそぐわなければ、モチベーションの維持も難しいです。このような場合は部署移動や転職を考慮しても良いでしょう。

人手不足な病院看護師を辞める前にまずは部署異動を考えてみる

私は転職する前に部署異動をお勧めします。理由は以下のとおりです。

  • 自分が勤めている病院であり、情報収集が容易で把握しやすいこと
  • 診療材料、カルテなど覚えなおす必要がない
    (※部署によっては、重症部門システムなどがある)
  • 転職によるストレス>異動によるストレス

同じ病院なのに離職率が低い部署だったり、定時退社率が高い部署があります。
離職率が低い=スタッフの満足度が高いということですから、そういう部署に異動希望を出してみるのも1つです。

知人の意見ですが、”とにかく転職先のカルテが使いにくい”という話を聞きます。
異動先の診療科に対する自己学習、1から人間関係を構築する労力など、異動先でもかなり体力と気を使います。転職だと1からすべてやり直しになりますから、異動に比べてかかるストレスが大きいです。
時間やあなた自身に多少のゆとりがあるならば、まずは部署異動を検討してみてることをお勧めします。

今すぐにでも病院を辞めることを検討した方が良い人

私は基本的に異動をお勧めしていますが、このような方には転職をおすすめしています。

  • 体調に影響が出ている人
  • 看護部という組織を見限った人

体調に影響が出ている人

すでに体調に影響が出ている人。これは今までかかったストレスによるカラダからのSOSのサインです。

  • ご飯が食べられない
  • 眠れない
  • 抑うつ など

このような症状が出ている場合、早めに休職や転職を考慮しましょう。
部署異動は、希望を出しても辞令がでるまで時間がかかります。
この間に症状が悪化して、働けなくなってしまった場合、職場はあなたの人生を助けてくれません。
自分の身は自分で守るしかないですし、SOSに気付けるのはあなた自身です。無理は絶対にしないでください。

看護部という組織を見限った人

看護部の考え方が固いと、どんなにこちらの声を届けても何も変わりません。
パワハラをする医者がいたとして、それを上申したとします。

「そんな医者、どこにでもいるでしょう?」

悩んでいるのに門前払いをされる。こんな経験をした方いませんか?
そのような事を言う看護部は、部署異動を出したところでなかなか異動願いも通らないでしょうし、何か問題が起きてもロクに対応もしません。
しばらく看護部長が変わらないような病院であれば、いっそのこと転職をして職場環境を整えてみましょう。
(これは私の病院であった嘘のような本当の話)

人手不足な病院は、あなたがやめても新しい看護師を補充するか大丈夫

  • あなたが抜けた後の病棟が大変じゃないか?
  • 周囲の目が気になって異動・退職希望が出せない

こんな思いを抱きながら、日々自分の気持ちと向き合いながら働いているのではないのでしょうか。

あなたがやめた後には、必要に応じて人員を補充したり、忙しいなりに1日1日をこなしていき、必ず順応していきます。後のことはなにも心配いりません。

一方、退職や異動希望を出したあとの周囲の反応は気になると思います。
基本的には、師長のみに希望を出し口外しないようお願いをすれば、辞令交付1か月前までは他スタッフに知れることはないでしょう。相当お喋りで、個人情報を守れない師長や主任たちでないかぎりですが。

勤め先にいつかお世話になる可能性も0ではありません。
退職するのであれば、可能なかぎり円満に退職することを前提に進めていけると良いでしょう。

自分の身は自分でしか守れません!

おすすめの看護師転職サイトランキング

  • 看護のお仕事
    4.5

    勤務形態に考慮した24時間電話対応可能であり、あなたのライフスタイルに合わせた転職をサポートしてくれます。
    業界最大級の求人数を誇り、きっと希望にあった求人が見つかるでしょう。

  • 看護プロ
    3.5

    関東・東海・中部地方の求人情報が豊富という特徴をもった看護師転職エージェントです。
    病院の内部事情などに詳しいという特徴があります。

  • ナース人材バンク(NJB)
    3

    「ナース専科」も運営する上場企業で厚生労働省の認可を受けており安心して利用ができます。
    LINEでの登録ができるため、忙しくても手軽に利用しやすいことがポイントです。