看護師の性格がきつくなるのは仕方がない?原因と対策を紹介!

 
MOMO
絶対に職場に一人はいる性格がきつーい看護師。
自分はそうならないと心に誓っていても、知らない間に周りの人に嫌な思いをさせているかも?
自分にも当てはまっていないか、チェックしてみましょう!

看護師の性格がきついと言われる原因

そもそも、なぜ看護師は性格がきついと言われることが多いのでしょうか?

看護師=白衣の天使などと呼ばれ、私たちの根底には、”看護師”=”優しい”というイメージがあるのではないでしょうか?

このイメージは、あくまでも患者さん目線の看護師であり、看護師対看護師のイメージではありません。

現場で働いてみると、イメージのギャップを目の当たりにすることになります。

結果、”看護師は性格がきつい”と言われることが多いのだと思います。

看護師が身を置く環境はストレスに囲まれている

看護師は身を置く環境は、とてもストレスが多いです。自分中心でタイムスケジュールを組むことができません。

患者さんや検査、手術、急変対応など、さまざまな事柄に振り回されては、タイムスケジュールを組みなおし・・・ミスなく仕事を終わらせなければなりません。

看護師がストレスを感じやすい要因とは?

  • いろいろな性格の患者さんとの関わり

  • 横柄な医者との関わり

  • 女性が多い職場である

  • ミスは許されない現場である

いろいろな性格の患者さんとの関わり

患者さんの中には、怒りっぽい患者さんや自己中心的な患者さん、認知症を抱えた患者さんなど、さまざまな方がいます。

患者さんに配慮したコミュニケーションをとること自体は苦ではありませんが、多重業務に追われながらの対応は、ときにピリピリとしてしまうことがあります。

優しく振舞いたいけど、振舞うことができないことがあります。

横柄な医師との関わり

患者さんもさまざまな方がいますが、医師にもさまざまな方がいます。

特に看護師が困るのは、こちらの都合も問わず振り回してくる医師です。
もちろん、医者は外来から手術・検査・入院患者さんのことなど、勤務中に多岐の業務を行っているので、忙しいことは重々理解しています。

しかし、ふらっと病棟にきて急に「処置するから」みたいに言われると、こちらの都合も考えてほしいなぁと思ってしまいます。そのときには、少しピリッとした雰囲気になることも…。

また、明らかにイライラした態度をとる、話しづらい雰囲気を出す、看護師を雑に扱ってくる医師などもいますので、それぞれ医師の特徴を踏まえたコミュニケーションが課せられます。

とはいえ、いつも遅くまで患者さんのために尽力を注いでいる医師には頭が上がらないのも事実です。

女性が多い職場である

女性が多い職場なので、人間関係が複雑になりがちでしょう。
うわさ話や悪口などでトラブルに巻き込まれたりすることも0ではありません。
なかには、お局看護師の機嫌を損ねないように気を使ったり、暗黙のルールが作られていたり・・・。

特に女性同士の職場でトラブルが起きると、仕事内でも引きずって仕事がやりづらくなることもあります。

患者や医者だけでなく、看護師の事も気にしながら、常に気を張って仕事をしていかなければいけません。

うまく対応できれば良いですが、運悪くトラブルに巻き込まれるようなことがあれば、ストレスを感じてしまいますね。

ミスは許されない現場である

特にICUなど重症な患者さんの全身管理をしている病棟であれば、命に直結するような機器や薬剤をたくさん使用しているでしょう。

ちょっとしたミスが患者さんに大きな影響を与えると思うと、圧し掛かるストレスは計り知れません。

 
MOMO
看護師はストレスに囲まれた環境下であり、意図せずともピリピリしてしまうこともしばしばあります。
必然的に看護師=きつい性格と捉えられてしまうのでしょう。
 

具体的な対応策を紹介します

このように、看護師は常にストレスの強い環境下に身を置き、意図せずともピリピリしてしまうことがあると紹介しました。

対応方法としては、”こういう環境であると割り切ってしまうこと”がいちばん簡単でしょう。

根本的な解決法を紹介できずに申し訳ないのですが、環境を変えることは至難の業です。

単純に環境によってピリピリしてしまう場合、忙しいタイミングが過ぎ去ってしまえば落ち着くことが多いのではないでしょうか?

今日はこんな場面で嫌なことがあったけど、こういうタイミングは関わらないようにしよう・・・

自分なりにその場面を分析することで、対策が見いだせることがあります。

または、この人はこういう性格だから…と俯瞰的にその人を捉えてみるなど、あなたのマインドを少し変えてみるだけでも変わるかもしれません。

しかし、特定のスタッフの人間性に問題があり、あなたが嫌な思いをしてしまっている場合は上記の対応方法ではどうにもなりません。

どのようなスタッフが問題視されがちであるか、次の章で見てみましょう。

こんなスタッフが職場の雰囲気を乱している!あなたは大丈夫?

 

 
MOMO


あなたの周りにはこんなスタッフがいませんか?
いるいる!と思いながら、ぜひ見てみてください。
  • 自己中心的な思考の看護師
  • 自分に甘いくせに他人に厳しく指摘する看護師
  • ミスを人のせいにする看護師

自己中心的な思考の看護師

自分の仕事だけを終わらせようと、こちらの都合も関係なしに「今からケアするから入って」などと言ってくる人はいませんか?

今は忙しいから時間をずらしてほしいと返答をすると、途端に機嫌が悪くなる…

看護師経験が長く、他のスタッフから文句を言われにくいスタッフに多い傾向にあります。

自分さえ仕事が終わっていればいいので、他のスタッフが忙しそうにしていても、ナースステーションでぼーっと座っているような、周囲の見えないタイプが多いです。

自己中心的な思考の看護師への対処法

長年、このように過ごしてきたスタッフの性格を変えることは難しいでしょう。
のような人に対してイライラすること自体が無駄です。
嫌な気持ちになることはわかりますが、相手にしない事がいちばんです。

もしも、病棟で同じような思いをしている人がたくさんいれば、書面に事実を記載し、師長に相談することも1つです。

まともな師長や管理職であれば、何かしら対策をしてくれるはずです。

自分に甘いくせに他人に厳しく指摘する看護師

自己中心的な思考の看護師に近いですが、やたら他人に厳しい指摘をする看護師がいます。
そのようなスタッフから患者をもらうと、たいてい抜けが多く目立ちます。

何かしらミスや抜けがある場合、指摘することはかまいません。
お互いに抜けやミスがあれば、フォローすればよいだけの話です。
必要以上に厳しく指摘をし、嫌な思いをさせることが問題です。

自分に甘いくせに他人に厳しく指摘する看護師の対処法

指摘された内容が理不尽なものか、的を得た内容であるかを精査したしましょう。
的を得た内容であるならば、今後同じことを言われないように、あなた自身も対策を練るべきです。

ただ、明らかに理不尽である場合は、周囲のスタッフや管理職に相談をしてみることをお勧めします。

このようなスタッフに反論しても、火に油を注いでしまうだけです。
その場では「わかりました」と一歩引いて対応しておきましょう。

ミスを人のせいにする看護師

そのスタッフも関与しているにも関わらず、明らかに私には責任がありませんと責任逃れをするスタッフがいます。
そのようなことを言った記憶もないのに、言ったことにされて責任転嫁されたなどの経験はないでしょうか。

ミスを人のせいにする看護師の対処法

ミスの種類にもよりますが、医師から指示を受けたなら口頭指示として看護記録や所定の用紙に必ず記載してもらうなど依頼をしましょう。
何か相談をする場合は、そのようなスタッフは避け、信頼できるスタッフに相談しましょう。

仕事が辛いときには、場所を変えることも考えよう

看護師は職場環境により、性格がきつくなってしまうことがあるとお話をしました。
対応策でもお伝えしたとおり、あなたの捉え方次第でその場を乗り越えることができるかもしれません。

ですが、理不尽な環境に耐え続けて心身を壊してしまうことだけは絶対に避けなければいけません

病院はあなたを守ってはくれません。あなたを守るのはあなた自身です。

もしも、理不尽な環境が続き心身共に疲弊していると感じているならば、異動希望を出してみたり、転職をして環境を変えることをおすすめします。

以下のサイトでは、無料で求人情報や転職に関する情報を相談することができます。
気になっている方がいれば、ぜひ相談してみてください。

  • 看護のお仕事
    4.5

    勤務形態に考慮した24時間電話対応可能であり、あなたのライフスタイルに合わせた転職をサポートしてくれます。
    業界最大級の求人数を誇り、きっと希望にあった求人が見つかるでしょう。

  • 看護プロ
    3.5

    関東・東海・中部地方の求人情報が豊富という特徴をもった看護師転職エージェントです。
    病院の内部事情などに詳しいという特徴があります。

  • ナース人材バンク(NJB)
    3

    「ナース専科」も運営する上場企業で厚生労働省の認可を受けており安心して利用ができます。
    LINEでの登録ができるため、忙しくても手軽に利用しやすいことがポイントです。