看護師の仕事が楽しくないと思う理由2選とその対処法 とは?

MOMO
「仕事が楽しくない」という思いを抱きながら働いている方は看護師に限らず多いと思います。今回は、新人看護師が仕事が楽しくないと思ってしまう要因を、環境要因と内的要因に分けその対処法をお伝えします。

看護師の仕事が楽しくないと感じる理由(内的要因)

看護師の仕事が楽しくないと感じる理由としては、以下が考えられます。

①そもそも看護師になりたかったわけではなかった

安定している・親に勧められたなど、最初から看護師という仕事に対してモチベーションが低いため、やりがいも感じづらく楽しいという感情が湧きづらいというパターンです。

営業職などと違い成果主義ではないので、仕事のパフォーマンスが給料に反映しづらい職種というのも影響するかもしれません。

②理想と現実のギャップ

これは看護師になりたくてなった方が感じやすいのですが、実際に働きだすと思い描いていた看護ができず落胆し、楽しくないと思ってしまうパターンです。

そう思ってしまう背景として、自分の出来なさ加減に無力感を感じ、思うように看護ができなくて楽しくないと思ってしまうことが挙げられます。また、業務としてやりたくない仕事をやらなくてはならなかったり、コスト的に実現できないなど、不条理なことに不満を抱いて楽しくないと思ってしまう人も多いと思います。

あなた自身の問題で仕事が楽しくないと感じる場合の対策

そもそも、仕事はつまらないことをやって給料を貰うことが大半なので仕事として割り切ることも必要です。

最初はできなくて当たり前でみんな通ってきた道だと知っておくと気が楽かもしれません。最初はできないことだらけで無力感を感じていても、ひたむきに頑張れば実を結ぶ日が来ると思います。

看護にモチベーションが低いからダメというわけでなく、逆に看護の理想を追い求めすぎるのもある意味考え物なんです。理想を掲げ口ばっかりで仕事しない人、わりといるんですよね。看護における情熱は結構ですが、患者さんのためになっているかというと疑問ですし、同僚へも悪影響です。

それより、今は看護におけるビジョンややりがいが見出せなかったとしても、必要な看護を提供できている方がよほど患者さんのためになっていると思いませんか。

仕事が楽しいと思うには「やりがい」が重要です。やりがいは何かを達成したときや周囲から認められた時に強く感じるものです。新人看護師はできないことが多く周囲から認められづらいため、やりがいを感じにくい状態なんですね。

そこで、自分の中で達成目標を段階的に決めて一つずつ達成するといいです。

例えば、「なにかあったら先輩にすぐに相談することができる→相談したときに自分のアセスメントが言える」といった感じに目標を決めて一つずつクリアしていくといった感じです。

これは自己効力感を高めることにつながります。自己効力感が高ければ新しいことにチャレンジできるし、失敗しても立ち直りやすいです。

看護師の仕事が楽しくないと感じる理由(環境要因)

①人間関係が悪い

仕事というより一緒に働いている人が苦痛というパターンです。人間関係が良ければ多少大変でもなんとかなるものです。逆に、仕事内容は良くても人間関係が悪ければ仕事に行きたくない→楽しくないとなってしまいがちです。

②休みが少ない、休日の拘束が多いなど

休みがあるから仕事は頑張れるものです。疲労がたまると精神的に病んできて仕事が楽しめる状況ではなくなってしまうのは明白です。

あなた以外の原因で仕事が楽しくないと感じる場合の対策

まず、「完璧な職場は存在しない」ということを頭に入れておきましょう。なぜなら仕事に求めるものは人それぞれであり、だからこそ全ての人に理想的な職場は存在しないのです。

多少忙しくても給料が高いほうがいい、興味のある診療科で働きたいなど、自分の中で特に優先したい条件を思い描いてみてください。その上で今の職場が自分に合っているかを考えるといいです。必要なら部署移動や転職で環境を変えるのも手です。

  • 看護のお仕事
    4.5

    勤務形態に考慮した24時間電話対応可能であり、あなたのライフスタイルに合わせた転職をサポートしてくれます。
    業界最大級の求人数を誇り、きっと希望にあった求人が見つかるでしょう。

  • 看護プロ
    3.5

    関東・東海・中部地方の求人情報が豊富という特徴をもった看護師転職エージェントです。
    病院の内部事情などに詳しいという特徴があります。

  • ナース人材バンク(NJB)
    3

    「ナース専科」も運営する上場企業で厚生労働省の認可を受けており安心して利用ができます。
    LINEでの登録ができるため、忙しくても手軽に利用しやすいことがポイントです。

環境を変えたことで仕事が楽しく思えた方の実例紹介

Aさんは以前ICUで働いていました。

同僚は派閥やマウント合戦ばかりで居心地が悪かったそうです。不思議ちゃんとよく言われるAさんは職場になじめず、じきに仕事に行くと動悸がするようになってしまいます。

3年勤務し、前から精神科で興味があったので精神科に転職することにしました。同僚には「精神科に転職なんて頭おかしい」と影口を叩かれていたと後で知りました。

転職したら自分より変わり者の同僚ばっかりでとんでもないことも起こるけど、雰囲気は穏やかで優しい人が多く親しい同僚もたくさんでき、動悸はしなくなりました。

辛いこともあるけど、看護師をして初めて仕事していて楽しいと思ったそうです。

今も精神科で元気に働いています。

MOMO
仕事が楽しいかどうかは自分自身の問題もありますが、環境も大きく影響するものですね。
転職や異動には不安がつきものですが、仕事が楽しいと思えることは本当に羨ましいです!

まとめ:仕事が楽しいと思えるかどうかは、考え方や働く環境の変化が大きく影響する

どんな職場でも看護師以外の仕事でも嫌なことは必ずあります。

好きなことを仕事にしたいと思う方は多いですが、現実は難しいものです。病院などの組織の中では自分の思うようにならなかったり、理解できないことがあり不満を抱くこともあるのは誰しも経験することです。

自分の考えや想いを他者に伝える事も必要な場面もあると思いますが、ある程度は割り切ることはどうしても必要になってくると思います。

その中であっても仕事が楽しいと思えるかどうかは、自分自身の考え方や働く環境の変化が大きく影響してきます。

今は看護の仕事が楽しくはないと思っている方でも、自己効力感を高めたり、自分に合った環境を見つけることで、仕事が楽しいと思える原動力が生まれるかもしれません。